ヘアケア

大豆イソフラボンの効果でうつ病予防

うつ病は「心の風邪」と呼ばれています。
厚生労働省が全国の医療機関に実施した調査によると、2008年の10月の時点で、うつ病の患者の数は100万人を超えていることがわかりました。
しかも、この数字はあくまでも医療機関が把握している患者の数だけですから、実際にはもっと多くの患者が存在しているということです。
現代はなんといってもストレス社会と言われていますから、うつ病とは決して他人事ではなく、誰がいつかかってもおかしくない病気なのです。
うつ病は、心と体の両方に症状が出る精神障害です。

それでは、なぜうつ病にかかってしまうのでしょうか?実は、「これ」だと断言できる原因は特定されていないのが現状のようです。
しかしながら有力な説の一つに、「神経の伝達がうまくいかないため」というものがあげられます。

つまり、脳の神経が情報をやり取りするために必要な物質が足りなくなることでうつ病になるというわけです。
主な神経伝達物質の仲間には、「セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン」があげられます。
この3つのうちの「セロトニン」はご存知ですよね?そう、別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンですね。
主なセロトニンの働きは、私たちの「感情をコントロールして精神の安定を保つ」ことです。

ここで、いよいよ「大豆イソフラボン」の登場です。
大豆イソフラボンの働きの中には、http://www.jimthorperestinpeace.com/kouka.htmlでも紹介されているように「自律神経の調子を整える」というものがあり、大豆そのものにはセロトニンの材料になる必須アミノ酸である「トリプトファン」が含まれています。
私たちの体内でトリプトファンを合成することができませんので、大豆食品http://www.brg-hotels.com/miso.htmlなどで摂取する必要があります。
トリプトファンが身体の中に十分にあれば、脳のセロトニンも増えます。
脳のセロトニンが増えれば、脳の神経の伝達がスムーズになり、精神が安定していくのです。

ひいてはその事がうつ病の予防になるというわけです。
大豆はまさしく「自然がくれたサプリメント」といえるでしょう。
繰り返しになりますが、うつ病はもはや決して他人事ではありません。
毎日の食生活に積極的にイソフラボンを取り入れて、うつ病予防に努めたいものですね。
イソフラボンを効率良く摂れるレシピがhttp://www.linuxbyte.net/resipi.htmlに載っていますので、是非参考にしてください。
毎日摂り続けることできっと嬉しい効果が期待できますよ!

イソフラボンは、その他にもたくさんの嬉しい効果をもたらしてくれる成分です。
例えば、女性特有の辛い悩みである生理不順や
不妊症http://www.tourofcalifornia-solvang.com/ninnsinn.html
更年期障害http://www.virid.us/kounennkisyougai.html
にも効果的だと言われています。
その他にも、高い美容効果http://www.nvpef.org/biy.htmlも期待できます。
最近では女性だけでなく男性でも「美」に対しての意識が高い方がいらっしゃいますよね。
そんな美意識の高い男性のみなさんにも是非摂っていただきたいです。