ヘアケア

受験生にはイソフラボン?

「夏を制する者は受験を制する」と言われた経験がある方は多いのではないでしょうか。
まだ受験本番まで日数が多く残されているうちに、コツコツと実力をつけることは大事なことですね。
そして、多くの場合、本格的な受験シーズンは秋から冬にかけてやってきます。
センター試験当日が大雪に見舞われたニュースが記憶に新しいところです。

冬の寒い夜、受験勉強のお供に温かい飲み物は欠かせませんよね。
その時に、意識して摂ってほしいのがイソフラボンhttp://www.gaelicdreams.com/tounyuu.htmlです。

実は、イソフラボンには脳の血行・血流を良くする働きがあるのです。
脳の血行・血流が良くなると、脳が縮こまってしまうのを防ぐことができます。
また、「脳の栄養」として有名な「ブドウ糖」を効率よくエネルギーに変えてくれる働きがあるので、脳がイキイキと活動できるようになります。
さらに、脳の神経細胞の働きを活発にさせてくれるので、記憶力や学習能力も高めてくれます。

つまり、イソフラボンを体内に取り入れることによって、「脳の回転が良くなる」ということです。
受験生にとって良いことづくめですね。
むしろ受験生の方に摂取してほしい栄養素といえるでしょう。

イソフラボンは大豆や黒豆にも多く含まれています。
いつものココアを黒豆ココアにする(ココアには眼の働きを助けるポリフェノールも豊富に含まれているので、眼を酷使する受験勉強のお供にはぴったりです)、コーヒーのミルクを豆乳に変えてソイラテにする(100円ショップで売っている電池式の泡だて器で温めた豆乳を泡立ててコーヒーに加えると美味しいですよ!)など、ほんの少しの工夫で手軽にイソフラボンを摂取できます。
もちろん、普段の食生活からイソフラボンを積極的に取り入れておけば、自然に脳の働きを良くしてくれますよね。
イソフラボンの1日の必要摂取量は約50mgとされています。
豆腐なら半丁、納豆http://www.purebreeze.jp/mainitinaxtutou.htmlなら1パックで約50mg摂ることができます。

枝豆や煮豆もおいしくイソフラボンを摂ることができます。
黒豆や大豆食品が苦手、という方には、イソフラボンのサプリメントもお勧めです。
ぜひ、イソフラボンのパワーで学習能力を高めて、志望校に合格してほしいですね。