ヘアケア

男性のイソフラボン多量摂取は性機能低下を招く?

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイド(植物に含まれる色素・辛味・苦み成分)の一種です。
女性ホルモン(エストロゲン)と分子の構造が似ているため、同じような働きをすることで人気が高まっています。
特に女性には、美容や健康のために積極的にイソフラボンを生活の中に取り入れている方も多いですね。
女性ホルモンと同じような働きをするからといって、男性と無関係なものではありません。
そもそも男性にも女性ホルモンはあり、女性にも男性ホルモンはあるのですから。

では、具体的にイソフラボンは男性にとってはどのような働きをするのでしょうか。
まずは、「男性ホルモンの働きを抑えて、女性ホルモンを活性化させる作用が働く」ことがあげられます。
これによって、男性ホルモンが原因とされる薄毛や抜け毛、加えて濃いムダ毛などが改善されます。
また、発汗やきつい体臭も、イソフラボンを摂取することによって抑えることができます。

同じく男性ホルモンが原因とされる痛風や前立腺がんの予防にも効果が期待できます。
他にも男性に対しての嬉しい効果はいくつもありますので、http://www.ik-rental.jp/dan.htmlをご覧ください。
こう書くとメリットばかりのようですが、多量摂取・過剰摂取には注意が必要です。
男性ホルモンが抑制されるわけですから、男性の性機能の低下を招く可能性が出てきます。
具体的には精巣機能不全(精子が生産されにくくなる・精子の動きが弱まる)や勃起機能不全・性的欲求低下障害などがあげられます。

また、イソフラボンには筋肉をつきにくくする働きもあるので、男性らしい身体作りを目指している方にも注意が必要です(男性でも「胸が膨らんできた」というケースもあるようです)。
男性が「男性らしさ」を保つためにも、適量を摂ることが大切ですね。
イソフラボン1日の必要摂取量は約50mgとされています。
豆腐でしたら半丁、納豆なら1パックで約50mg摂ることができます。
普段の食生活の中で大豆食品を積極的に食べている方なら、あえてサプリメントなどで摂取しなくても良いでしょう。
日頃からバランスの取れた生活を心掛けたいですね。
毎日必要量を摂ることが難しい方はhttp://www.nutrigal-galam.com/sapurimennto.htmlで紹介されているようなサプリメントで補うと良いでしょう。

女性に嬉しい効果はhttp://ilearntolive.com/d_0006.htmlをご覧ください。